<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

「的地得」の使い方 つづき   

2007年 04月 25日


“的”字一般用在修饰或限制人或事物的时候。“的”放在修饰与被修饰、限制与被限制的词语之间。
「的」は、普通、一般的に、人間とか物事とかを修飾するときと制限するときに、用いられる。「的」は修飾の部分と修飾される部分の間とか、制限の部分と制限される部分の間で、置く。

例如:敬爱的总理、慈祥的老人、戴帽子的男孩、珍贵的教科书、鸟的天堂、伟大的祖国、有趣的情节、优雅的环境、可疑的情况、团结友爱的集体。
例:敬愛する総理大臣、優しい年寄り、防止を被っている男の子、貴重な教科書、鳥の天国、偉い国、面白い筋、優雅な環境、疑わしい状況、団結友愛の集団。

上面这些词组,中心词都在后面,都是名词性的,因此在修饰限制它们时,都用 “的”。
 前の連語は中心語が後ろにあって、どれでも名詞だから、修飾するときと制限するときに、「的」を用いる。

 描绘或限制某种动作、性状的时候,描绘和被描绘之间、限制和被限制之间,往往用 “地”连接。
 ある動作と性状を修飾と描写するときに、描写する単語と描写される単語の間、制限する単語と制限される単語の間で、よく「地」で繋がる。

例如:高声地喊、愉快地唱、拼命地逃、疯狂地咒骂、严密地注视、一次又一次地握手、迅速地包围、沙沙地直响、斩钉截铁地说、从容不迫地申述。

例:高い声で呼ぶ、愉快的に歌う、一生懸命逃げる、気が狂ったように口汚くののしる、注意深く見つめる、一度もう一度握手する、迅速に囲む、かさかさと音を立てる、きっぱりと言う、落ち着いて説明する

上面这些词组,中心词也在后面,而且都是动词性的,因此在描绘、限制他们时都用 “地”。有时需要说明动作的情况和结果,或补充说明事物性质的程度和变化,往往补充说明的部分改在被补充说明的词语后面,这时两者之间用“得”连接。

  前の連語の中心語も後ろにあって、そして、どっちでも動詞なので、修飾と制限するときに「地」を用いる。あるとき、動作の状況とか結果とか強調するとき、あるいは物事の性質の程度と変化を補うとき、よく補充した部分は補充される単語の後ろに置き換えて、二つの部分の間で、「得」を使う。

例如:走得很快、踩得稀烂、疼得直叫唤、瘦得皮包骨头、红得发紫、气得双脚直跳、理解得十分深刻、乐得合不拢嘴、惊讶得目瞪口呆、大得很。上面这些词组,中心词都在前边,而且都是表示动作或性状的词语,因此补充说明它们时,都用“得”。 

例:速いスピードで歩く、めちゃくちゃ踏まれる、ずっと叫ぶほどの痛み、やせて骨と皮ばかり、紫ほどの赤い(恥ずかしい時よく赤面を修飾する連語)、飛ぶほど怒る、十分理解している、口が閉められないほどの楽しさ、あっけにとられるほどの意外さに驚き、とても大きい。以上の連語の中心語は前にあって、そして、みんな動作あるいは性状の言語なので、説明するときは、「得」を用いる。

以上几种用法,可以写成下面的公式:
修饰限制+的+名词

修饰限制+地+动词

动词(形容词)+得+补充说明
[PR]

by ewpsun | 2007-04-25 13:51

「的地得」の使い方   

2007年 04月 25日

的地得的用法
「的地得」の使い方
的,一般用来修饰名词 得,一般用来修饰形容词 地,一般用来修饰动词
「的」、普通、一般的に名詞を修飾する 「得」は、普通、一般的に形容詞を修飾する(中国語のなかで、形容動詞がない)、「地」は、普通、一般的に動詞を修飾する

“的”、“地”、“得”附着在词或词组后面,在句子中起结构作用时,都读作“de”,在书写时却要写成三个不同的字,所以非常容易发生混淆。用得对,意思表达就明确,用得不对,有时也会产生意思的变化。
「的」と「地」と「得」は単語あるいは連語のあとにつき、文の中で、仕組みの役にたつ時、どっちでもピンインで「de」と読まれ、書くときは違う漢字を書かなくてはならない。だから、よくごっちゃにされる。正しく使えば、意味とニュアンスがちゃんと通じる。反して、意味も変わる。
比如 看了这场电影,她激动得哭了。
  看了这场电影,她激动地哭了。
  例 この映画を見ると、彼女は感動の至り、泣いた。(この映画を見ると、彼女は泣くほど感動された。)  
    この映画を見ると、彼女は感動の至り、泣いた。

这两句话从表面看只是一字之差,但意思不完全相同。前一句强调“激动”,“哭了”是对激动程度的补充说明。后一句主要是陈述“哭”,“激动”是对哭的样子的修饰。因此两句用了不同的“de”。
 二つの文は表から見ると、一つ漢字の区別だが、意味がぜんぜん違う。前のは、「激动」を強調し、「哭了」は感動の程度の補う説明だ。後ろのは、「哭」を述べ、「激动」は泣く様子を修飾する。 だから、この二つの文は違う「de」を使った。



時間がないので、今日はとりあえずここまでにします。あした、続いて後の部分を訳してあげる。
[PR]

by ewpsun | 2007-04-25 00:29

大変の午後、悪いことだらけの午後   

2007年 04月 16日

 昨日の午後のこと、忘れたい。
 二度と話したくないが、ちょっと説明する。
 デジカメをもって、自転車をのって、撮影に行った。いろいろ中国だけあっての面白いこと記録した。その面白い画面をカツコとミキたちに見せてもらえたかった。ついでにスーパーに買い物にいった。セーターを洗う用の洗剤を買ったあと、スリッパの売り場で、スリッパを選んでいた。突然、デジカメがなくなったことを発見した。デジカメの袋の糸だけ残っていた。よく見て、糸は、ナイフとかで切られた。すりにすられた。これはすりによく用いられるしわざだ。その前、エレベーターで降りたときもあったのに。ただ三分間だけの油断で。これは私一年の生活費から省き出だした金で、買ったものだった。一ヶ月の前買ったばかりのカメラ、こんなようになくなてしまった。警察も呼んできた。でも、こんなことは一日西安で何千件もある。彼たちには、もうことにならない。スーパーのモニターのビデオも見たが、だが、スリッパの売り場のあたりモニターがない。人間でそんな道理があるか?ほかの人のものを勝手に奪って。そして、中国のすりたちはもう泥棒を職業にして生きている。人間の滓だ。くたばれ!
 気持ちが最低だった。変えた途中、前にいたばかばかしい工大の人、突然直接にユーター
ンして、私は直接にぶつけた。自転車も壊れたし、怪我もした。修理のところへ自転車を押して、、修理した。後一キロ乗って、タイヤがもう一度つぶれた……
 中国人の悪い根性だ。昨日このいろいろことをカツコに言った。なんか中国の社会の悪い
ことばかりをいったようだ。なにかいいことを教えたい。だが、社会の中で、日本よりいいところがあるか。疑問だ。
 昨日の午後のこと、なるべく思い出さないようにする。思い出すと、悲しい。残念、ここは二度と写真を見せてもらえない。ごめんなさい。もう余ったお金がない。カメラも買えない。残念だ。
 忘れて。今日は新しい一日で、あさっても。
[PR]

by ewpsun | 2007-04-16 13:13

勉強の生活   

2007年 04月 12日

 鈴木先生は突然に白内障が深刻になった。今日午前帰国して、手術をうけるつもりである。
 鈴木先生は今年三月うちの学校に来た。千葉県の方である。やさしい性質で、いい先生だと思う。多分来たばかりで、西安の環境にまだ慣れていなかろう。そして、遺伝の白内障はこの日本より悪い環境のせいで、犯された。ちょっと残念である。いつ帰れるかまだ未定である。病状しだい。
鈴木先生はうちのクラスの作文の授業と会話の授業の担当先生である。いわば、今日と明日の授業は鈴木先生の代わり、もうひとつの先生がくるかもしれない。だが、いま内の学校は鈴木先生以外、ほかの日本人先生がいないということである。王先生の話によると、ある早稲田大学の院生が内学校に何ヶ月滞在しているそうで、今日の授業、彼は来る予定である。先週、交通大学で開いた花狩り大会で、一度会ったことがあるが、話したことがない。ちょっと楽しみである。
 意外に新しい先生が来た。一度あったこともない先生である。中国人だからちょっと残念の気がする。彼の話によるといま交通大学の院生、三年生である。就職活動でうちの学校の教師にすると申し込む。学校のほうは何十人の申請人の中で、彼を選んだそうである。何ヶ月後、卒業した後で私の学校の日本語科で勤める予定である。でも鈴木先生の事故で、予定の時間を繰り上げた。しばらく私たちの作文と会話の担当先生になる。
 授業がはじめたばかりに、あの早稲田大学の院生も来た。そして、発表と自己紹介を聞いて、コメントした。
 鈴木先生は早く回復するように。
 昨夜、友達と自転車で外国語大学へ行った。日本語コーナーという活動を参加するつもりであった。実はこれは初めてではない。二年生のとき、一度来たことがある。だが、そんなに女の子があそこにそろって、恥ずかしかった。緊張していたから、何もいわないで、しばらく帰ったんである。
 昨日は違って、当時、どきどきしたことがあるが、いっぱい話した。話の早さは外国語大学の学生を驚かした。じつに私の話し言葉のなかで、間違
いだらけで、早いから、だれでも気づかなかった。
d0114408_14305071.jpg
d0114408_14311492.jpg

ベランダから撮った食堂。
d0114408_14315427.jpg

[PR]

by ewpsun | 2007-04-12 14:32

ブロゴ~開催するぞ~   

2007年 04月 10日


 私の日本のサイトのBLOG~今日から開催する!カツコのおかげで、このBOLGサイトを見つけた。またカツコの積極的な中国語を勉強する態度のおかげで、私も文を書くと決めている。毎日も書くことができないが、暇の時、自分の日本語と英語を勉強するために、作文とか日記とかとりあえず書きたいものを書く。大きな間違いがあったら、教えてほしい。ここで、来る友人に改めて、よろしくお願いいたします!^^
 でもちょっと残念だが、ここのBLOGは背景音楽がつけられなさそうだ。好きな音楽を分かち合わない~

 さて、写真を見て差し上げます~~
 まず私今日の晩御飯だ。
d0114408_1945188.jpg


食堂で買って持ってきた。まずい~食堂の料理は~
それから、ごご聴力の教室から戻った途中で撮った写真だ~
d0114408_19502429.jpg


(間違った、まずは行くときに撮った写真だ。学校のメインビルの一階で、ピンクの服を着てた人は班長、そばにいる人はクラスメートの「鴎」でございま~~す~
d0114408_1954044.jpg


これこそ帰った途中で撮った写真だ。ずっと前のビルは私たちの寮のビルだ。わしは二階に住んでいる。部屋は木に隠された。
以上だ。ご拝見、ありがとうございました。
[PR]

by ewpsun | 2007-04-10 19:57